Linux ソフトウェアRAID 1のパフォーマンス

Benchmarking Linux filesystems on software RAID 1
http://www.jejik.com/articles/2008/04/benchmarking_linux_filesystems_on_software_raid_1/

小さなサイズのファイルではJFSが低速。大きなサイズのファイルはext3が低速。XFSはどれもパッとしない結果。だが、左のメモリに注意しながらよく見てみると、XFS 4KiBブロックサイズが全体的に見て性能で優れているように見える。ただし、XFSは万能ではなく、ext2より数分の一の性能しか出せないという話も聞くので、参考程度で。

  

MicroSDカードをはがきで送れないか

と考えたことがある。
今やMicroSDカードは1GBバルクを買うと1000円でお釣りが来ることも珍しくなくなってきた。そうなるとメール便80円の送料もバカにならなくなってきた。はがきに添付した状態で郵送した場合、送料は50円で済む。なおかつ広告が付く45円のエコーはがきを使えば35円の節約になる(ミニレターの場合は15円)。

しかし問題点もある。
それははがきとして認められるのか。はがきのサイズや重さは決められていて
はがきのサイズ・重さ - 日本郵便
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/two_size.html
のように、これさえクリアできればはがきとして認めてもらえるらしい。はがきの重量は2〜6gの範囲と規定されている。ちなみに市販の葉書は3g。MicroSDカード自体の重量は0.4gとなっているそうだ。ちなみに目隠し用のシールは大体1g。 水、静電気から守るラップのようなもので包み、それを貼り付けるシールを加えると+2g程度。計5.4gとなり、厳しいが一応規定の範囲内となる。保証書は葉書自体を保証書とすればよい。アダプターも加えると+1.5gとなるので、規定オーバーとなってしまう。

実践はしていないが、興味があれば挑戦してみてほしい(投げやり)。