キーボード買った(FILCO FKBN87M/EB)

常用していたメンブレン式のキーボード(Owltech KFK-109PS2、MITSUMI KFK-EA9XA)のパターンが切れてしまい、一部のキーが入力不可になってしまった(叩き潰した)ので、新しいキーボードを購入した。

キーボードは以前からスタンダードな配列ものを選んでいるが、今回はキーボードを購入するに当たり、使用頻度が低いキーは邪魔だと感じたので、テンキーなし英語キーボードをチョイスすることにした。選定した結果、Realforce86UかFKBN87M/EBが選定対象に当てはまり、予算的に見合った、「ダイヤテック FILCO majestouch(マジェスタッチ) FKBN87M/EB (英語87キー、Nキーロールオーバー、茶軸)」を選んだ。このキーボードは、ドイツのcherry社が生産しているスイッチを採用することによる、軽快な入力ができることをウリにしている。

FKBN87M/EB

FKBN87M/EBの概観はスッキリ。色にこだわりはないが、以前と変わらず黒。カーブなどの北欧的なアクセントは無く、直線的でシンプルな日本的美を感じさせる。FKBN87M/EBはKFK-EA9XAと比べて、ずっしり重く、がっしりしていて、たわむことが無い。CapsLockやScrollLockの表示には、青色LEDを採用するが、位置によっては眩しく感じる。チルトの一部にはゴム足が採用されている。キーボードの接続はPS/2かUSBの両方で可能だが、FKBN87M/EBはPS/2インタフェースを使用すると同時打ちが可能になる。未だにPS/2キーボードインタフェースだけ残すマザーボードがあるのは、同時打ちが必要となるゲーム利用を考えてのことだろう。ちなみに、プラスチック製の透明なキーボードカバーが付属していて、使用していないときには、ほこりから守るために被せておくと良いだろう。

KFK-EA9XAと比べるとキーの引っかかりが気にならなくなり、ストレス無く軽く打てるようになった。音はコトコト…からカタカタ…と、軽い音になる。英語キーでの漢字入力にはALT+チルダ、もしくはCtrl+Spaceキーで利用できる。使用してまだ1週間も経過していないが、比較的良いキーボードだといえる。

(09.07.10)
使用してから6ヶ月が経過した。スペースキーが長いので、左右の親指でキーを打つことができるのは良い。テンキーは使う必要がない方にはやはり無用なものだと実感した。懸念していたチャタリングは今のところ発生していない。付属のキーボードカバーは効果絶大で、ホコリがキーボードの中まで入ることが減り、洗う機会もめっきり減った。キー入力も軽快になった。満足度の高いキーボードである。

Majestouch Tenkeyless 「マジェスタッチ テンキーレス」Nキーロールオーバー・茶軸・英語ASCII
http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=569

  

ext4はやっぱり速かった

http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=ubuntu_ext4&num=1
毎度おなじみPhoronixよりファイルシステムの比較が行われていますが、やはり高速化されている印象。最適化が実を結んだ形ですね。ちなみにext4についてはATA/ATAPI-7に対応したHDDを用意すると機能がより発揮されるようです。   昔は散々だったのに…

Androidの正体 〜 組み込み開発の流儀を変える

これを利用すればソフトウエア開発の負担は減る。だが、「機器設計の自由度が低く、GUIが画一的で、機器がすべて同じように見えてしまう」(日本システムウエアでプロダクトソリューション事業本部モバイル&ネットワークソリューション事業部の課長を務める立岩和人氏)というデメリットもある。

うんうん。極端な話WindowsMobileでもいいと思うし、あんまり期待できないなあ。Android。

Linux向け次世代ファイルシステム「Btrfs」最新版が公開
も。

追記

  

Qualcomm SnapdragonチップセットはARMにしては結構速い?

クアルコムのスナップドラゴンの実際の動作。動画プレイヤーのTotem、FirefoxベースのMIDBrowser(のようなUI)が動作している所。これLinuxなんですかね?Wifiなど一通りのインタフェースは備えていて、これで8時間動作。今後24時間動作ができるようになることが一種のラインとなってくる。Atom、Conesus、Dual-Core Nanoなどx86勢の今後の発展にも期待したい。