NP-BBRLへの他社製FWインストール失敗&復旧(含ETX-R?)方法

NP-BBRLといえば、数年前にI/O DATAから発売されていた100Mbpsのブロードバンドルーター。当時2、3千円と安価な割に安定していたのでメインで使っていた。しかし、時代は100Gbpsへ突入、1Gbpsルーターが安価な今、全く使わなくなってしまった。

NP-BBRL | 有線ルーター | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/product/network/router/np-bbrl/

NP-BBRL - DIGI BLOG
NP-BBRLの雄姿

様々なサイトに、後継機種のETX-RとNP-BBRLはメイン基板の構成が全く同一という情報が載っていたので、管理画面から無謀にもETX-Rのファームウェアを与えてみた。

Ethernet Router & Switching Hub
http://hisoap.flnet.org/others/etherHub/index.html

知識のある方以外は絶対にマネしないでください

再起動を促され、しばらく待ってみると、STATUSランプが激しくチカチカしている。通常なら弾かれるのかと思ったが、そうでもなかった。どうやら他機種用Firmwareのインストールは失敗に終わったようだ。また、WEB管理画面も見られなくなってしまった。

ここから復旧する方法に入る。最近のルーターは部品が専用化・共通化されていて、コストダウンと同時に品質が安定したルーターが多くなった。それと同時に、個性的な機種が少なくなったと思う。しかし、そのおかげで、万が一ファームウェアのアップグレードが失敗した場合に、逃げ道が作られている機種が増えているようだ。今回はその逃げ道を辿ってみようというわけだ。

PC、ルータ間につなげるLANケーブルはそのままでOK。DHCPが動いてないので、自機のIPv4アドレスは固定で割り振り、192.168.0.2とする。デフォルトゲートウェイは192.168.0.1とする。

この手順はファームウェア更新に失敗して、STATUS画面が高速で点滅していたら、やらなくて良いはず。
リセットボタンを押しながら、電源を入れる。STATUSランプが高速で点滅したら、リセットボタンを離してよい。

準備ができたら、事前に用意していたファームウェアをTFTPで流す。コマンドプロンプト、terminal等から以下のコマンドを入力する。

tftp -i 192.168.0.1 PUT NPBBRL_103c.BIN

BINファイルは機種に合わせて適宜変更すること。正常なファームウェアであれば6〜7秒で流し終わる。何か異常があれば、1秒で終わってしまう。ファームウェアを流し終わったら、電源を入れなおしてみよう。これでSTATUSランプの点滅が緩やかになり、WEB GUIにもアクセスができるようになっているはずだ。おめでとう。もしかすると、ETX-Rでもこの方法が使えるかもしれない。

BINファイルを眺めてみると、ETX-R、NP-BBRL、それぞれ共通した部分がファイルのあちこちに見られ、搭載チップも同一らしいので、一見、書き換えられそうに思われるのだが、本体に内蔵されているR-Dataを見る限り、他社F/Wを書き込むためには、ETX-RがIOD6023、NP-BBRLがIOD6021というように、固有のIDが割り振られているため、BINファイルの固有IDを変更し、更にF/Wに対応したチェックサムに書き換えてやる必要があるようだ。恐るべしコードネーム SuezouW。復旧できただけでも良かったということで、ファームウェアアップデートで故障したかな?と思ったらダメもとでやってみよう。

  

Adobe Flash Player 11 インストール & オンライン上で3D - Stage 3Dを試す

You have version 11,0,1,152 installed - DIGI BLOG

Adobe Flash Player 11が正式に公開されました。

HTMLの改良が進み、リッチなUIがJavaScriptで比較的簡単に組めるようになった今、AdobeはさらにリッチなStage 3DというWEB上で3D描画を可能にする機能を積んできました。

そんなのはどうでも良く、セキュリティホールをよく突かれる印象のFlash。正式に64bitに対応した事が嬉しかったのでインストールしてみました。ついでにFlashで動く3Dはどんなものか試してみました。

Stage 3D | Adobe Developer Connection
http://www.adobe.com/devnet/flashplayer/stage3d.html

Stage 3D Framework Sample

DSよりやや低いローポリ処理程度ならスマートフォンや非力なPCでも実用的な速度で動くようですね。DirectX 9以上のGPUであればアクセラレートするらしいですが、スマートフォン並にしょぼいGPUなので効かず、CPU100%か50%で張り付き。さすがにIntelみたいにBSODすることはなく。Webでゲームが可能というアプローチはよく目にしますが、決してマネしてはいけませんよ。見た目のインパクトはありますが、容量がやたら大きかったりして実用的ではないので。このところは業界の悪い癖です。あまりにも重いから、ブラウザのベンチマークを取るようなことばかりになってしまうんですよね。速いのはいい事なんだけど。3G回線だったらすぐに規制されるレベル。Linuxでの動作も厳しい。

Stage 3Dの上にFrameworkが乗っかってて、こいつの優劣の差でFPSが出るかどうか決まるようです。大分複雑化してるのでどうしようもないのかも。

そういえば、VRMLって全然聞かないですね。なんだったんだろう。本はいくつか出版されていたようですが。今はWebGLか。

簡単な演出ならJavaScript、アニメーションバリバリならFlashでしょうけど、JQueryみたいなライブラリでシコシコ作る時代も終わりを迎えるかもしれませんな。ただし遠い将来ですけど。色々な意味でカオスで見てる側は楽しかったんですが。画一的になると、どこもかしこも似たような演出になっていくんでしょうねえ。

その前に、メインPCが4年目を迎え、そろそろPCをリプレースする時が来ました。投げ売りが始まったみたいですからね。

DIGI BLOG - IE9で強制的にGPUレンダリングを有効にする方法
http://blog.livedoor.jp/mksaver70/archives/51802110.html

DIGI BLOG - Internet Explorer 9 ベータ版 & Flash Player 10.1 64bit Preview インストールしてみた
http://blog.livedoor.jp/mksaver70/archives/51746774.html