Windows XPのサポートが2014年4月9日に終了するのでLinuxに移行した

メインで使用しているPCはWindows 8であるが、使用頻度が少ないサブPCはノートPCであり、そのOSが全てWindows XPである。サブの用途はブラウジングがメインであるが、その座をスマートフォンやタブレットPCに奪われ、今では使用機会が少ない。サポートが切れるこの際、捨てようかと思ったが、デスクトップのように、そこまで場所を取るものでもない。ならばとXPマシンをLinuxに移行しようと思い立った次第であった。Windows XPは発表当時としては異常な安定性を持っていたOSだ。まさかサポートが終了するまで使うとは思わなかったものだ。XPよありがとう、そして、さようなら。

ここから先は非常に長いので、分割してます。