eBoxを使ってsambaを管理してみる

EBOX PRATFORM
http://www.ebox-platform.com/

以前紹介したWebベースでできるサーバ管理ソフトのeBox。eBox Desktopなるものも登場し、徐々に注目が始まっているようなので、実際に試してみた。

基本的にはUbuntu 9.04 Jaunty Desktop、eBox 0.12.2を使用している。まずはパッケージをインストールする。およそ70MB分のパッケージをダウンロードする必要がありました。

$ sudo aptitude install ~n^ebox-.* | tee eboxinstall.log
Should debconf manage LDAP configuration?

-> 依存関係でインストールされるslapdの設定。今回は使用しないのでいいえを選択。

eBox administrator password:
Confirm password:

eboxの設定。Webログイン画面で最初に使用するパスワードを決定する。

eBox HTTPS port:

eBoxだけ使うなら基本の443でOK。

これからWebでの操作に入る。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
EBOX PRATFORM http://www.ebox-platform.com/ Webベースでできるサーバ管理ソフトのeBoxですが,eBox Version 1.2が正式リリースされたので,一体何が変わったのか気になりましたので試してみることにします.モジュール等が大幅に変更になっています.以前の記事につい...
eBox 1.2がヤバすぎる【DIGI BLOG】at 2009年07月22日 12:44
検索ロボットや迷惑メールbot等が常に巡回しています.情報は慎重に記入してください.メール,URLは無記入でも投稿できます.スパムよけの為,国外からの書き込みは,国内IP Proxyをご利用下さい.