Lubuntu 10.04 正式版その後

この記事はかなり前に書いた内容なので、最新のLubuntuと内容が異なっている可能性があります。

Lubuntu 10.04 beta版からかなりの月日が経過し、そうこうしているうちに正式版が登場しました。前回まで開いた期間は、別のことに時間を費やしていたためですね。XorgのNeomagicドライバも修正版が登場し、音が出ない問題も解決できたので、ここで紹介します。なお、これらの画像については、仮想マシン、実機の両方で取得したものです。色が汚い方が実機です。インストール対象のPCは前回と同様です。

CPUMMX Pentium 200MHz
メモリ128MB
記憶容量2.16GB HDD
光学ドライブ最大24倍速 CD-ROM
ディスプレイSVGA TFT(Neomagic NM2160)
サウンドESS Tech. ES1879

10年選手で色々と厳しいものがありますが、元気に動いてくれるいいヤツです。

インストールには難しい知識が要求されます。それなりに腕のある人だけ試してね。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
メインで使用しているPCはWindows 8であるが、使用頻度が少ないサブPCはノートPCであり、そのOSが全てWindows XPである。サブの用途はブラウジングがメインであるが、その座をスマートフ ...
Windows XPのサポートが2014年4月9日に終了するのでLinuxに移行した【DIGI BLOG】at 2014年04月07日 13:59
この記事へのコメント
自分が小学生だったときのPCでデスクトップ用のLinuxを動かしている人がいたとは!!

PenIでも動くんですねぇ、ちょっと感動です。
Posted by 通りすがりの社会人 at 2011年05月03日 11:03
ありがとうございます。今はネットワークのチェックで使ってます。

海外にも似たようなスペックで初代Pentium+日本語キーボード搭載のPCでCRUX Linuxを動かしている方がいます。気になるようでしたらtuxmachines.orgから探してみてください。

Ubuntuは10.10以降、x86アーキテクチャのターゲットをi586からi686をに切り替えたため、今後の使用は限りなく厳しくなってます…
i686命令を完全に使用できないCPU群には、MMX Pentium以外に、VIA C3、AMD GeodeLX、AMD K6-2、K6-III等が該当します。SA1FやTN07Tなど比較的新しいPCも引っかかりますね。
Android x86もcmov命令を使用するので、導入できません。
仮に今、OSを導入するならメジャーな所でPuppy linuxかDebian、
Debian squeezeの動作についてはバグが無く完璧です。ルータにするならm0n0wallでしょうね。かなり試してます。
今手持ちで持っているパソコンでこれより高速なCPUはMobile Athlon XP 1400+ 1.2GHzと比較的高速でi686なので、Lubuntu 11.04の検証ができます。GPUチップがRAGE Mobility-M/Pだったのですが、そのままだとXorgが起動できませんでしたね。

今後、命令をi686からSSE2までターゲットにされると死にますw
Posted by mksaver70 at 2011年05月04日 00:38
Lubuntu12.04をインストールいましたが音が出ません
音声コントロールにエラーがでます。色々とためしましたが駄目でした音が出る様にお願いできませんか。
Posted by NAKAMURA at 2012年06月14日 14:01
検索ロボットや迷惑メールbot等が常に巡回しています.情報は慎重に記入してください.メール,URLは無記入でも投稿できます.スパムよけの為,国外からの書き込みは,国内IP Proxyをご利用下さい.